生命保険や医療保険にかんする勘違い

生命保険や医療保険に関する勘違いについて紹介したいと思います。意外と、生命保険や医療保険について勘違いをしている人が世の中には多いようです。例えば、生命保険や医療保険は健康だから必要ないと思っている人がいますが、これは絶対に間違いです。生命保険や医療保険は健康だから入ることが出来るのです。病気になったら入りたくても保険に入ることが出来ません。健康だからこそ、病気に備えて入るのが保険です。それから保険は、年をとると入ることが出来ないと思っている人が多いのですが、80歳以上でない限り保険に入ることが可能だそうです。そのかわり、高齢者が保険に新規加入する場合は、保険料を支払う可能性が高くなってきますから、高齢者で保険に入った場合はそれなりに保険料が高くなるようです。また病気の内容によっては保険に加入できないこともあります。

 

そしてよくある勘違いとして、生命保険は60歳を過ぎると保険金を受け取ることが出来ないと思っている人がいますが、これは保険の内容を終身にすれば一生涯補償が続きますから60歳を過ぎても保険金をもらうことができます。このような勘違いをしている人というのは、60歳満期の保険などに加入している人や安い保険料で保険に入ろうと思って異人が多いようです。60歳以降保険の補償がない60歳満期の保険では確かに、保険料は安いのですが60歳以降は保険金が下りません。

養老保険と更新

保険の種類の一つである養老保険と保険の更新について紹介したいと思います。保険の養老保険という種類は、保険の期間があらかじめ決められていて5年や10年、60歳や65歳といった保険の期間内で決められている死亡保障の保険で満期をした場合には、満期保険金がもらえるという貯蓄性の高い保険の事を養老保険といいます。満期までの死亡保険金と、満期になったときの保険金というのは同じ金額で、健康で生きていても、死亡していても保険金がもらえるという保険で貯蓄性が高い保険ですから定期保険や終身保険よりも充実している保険だけに、保険料も高くなっている保険です。

 

そして保険の更新についてですが、保険には更新というものがあります。これは定期保険で保険をかける期間を設定していた場合に、その満期が来たときに新しく保険の申込をしなくてもいいですし、医師の診断も必要なく、保険を自動更新してくれるというシステムになっています。保険の中には更新をした年齢によって更新ができない保険もありますが一般的には保険は自動更新されます。保険の更新の場合には、更新した年齢で保険料が計算しなおされるので、更新されるとさらに保険料がまた上がっていくといわれています。

就職したときに考える保険

就職したときに考える保険についてですが、就職したときというのは学校を卒業して働き始めるときですが、独身ですし扶養する家族もいませんから、家族のために入る保険というのは必要がないと思います。ですが独身だといえども、年齢が若くても、病気になったり怪我はすると思いますから自分のために入る保険は必要になってきます。ですから医療保険や入院の費用がおりる保険というのは必要ではないでしょうか。就職をしたら親から独立したことになりますから自分で入院費や医療費を工面しなければなりません。ですから医療費がこのようなときには役立ちます。

 

若いうちに医療保険にはいておけば、毎月の保険料は年齢が上がっていっても、そのまま加入したときの値段で支払うことが出来るといわれていますから医療費を少しでも安く支払いたいと思っている人は若い間に医療保険に加入しておいたほうがいいと思います。就職したときに考える保険としては、自分が死んでもお金に困る人はいませんから死亡保障は少なくしておいて、その分怪我や入院の時に困らないようにするために医療保険を手厚くかけておきましょう。独身で就職したときに考える保険は医療保険で十分だと思います。